2018年1月10日

このブログについて

このブログではDraftSightのメニュー項目にあるコマンドを1つずつ確認しながら記事に書いています。メニューはDraftSightの表示方式を「classic」にした上で、標準で表示されるコマンドを扱っています。

最初のファイルメニューから記事を書いていますので、現在無い記事(メニュー)については順次追加しています。下記画像が標準で表示されるコマンド一覧です。コマンドによってはさらに項目が存在します。※2018年11月現在、最新バージョンは「2018 SP3」ですが、メニュー内容に違いは見当たりませんでした。

また上記メニュー一覧内の「Toolbox」(赤枠内)については、無料版のDraftSightでは利用する事は出来ません。有料のEnterprise版およびProfessional版で利用可能になります。その他のメニューに含まれるコマンドにも、ごく僅かですが無料版では利用出来ないものがあります。

DraftSightはAutocadに非常に近いCADと言われていますが、Autocadに関するサイトや書籍は沢山あってもDraftSightはあまり無い印象です。Autocadの使い方が分かればDraftSightも使えるのかもしれませんが、私の様にAutocadの経験はなく、また逆にDraftSightからAutocadの感覚を掴みたい、とりあえずDraftSightで作図を行ってみたいという方のヒントになればと思っています。

2019年4月追記

DraftSight2019 SP0が公開されていますがWindowsでは無料版は無くなり、有料版のみでの提供となりました。詳しくは別ブログの前書きに書いています。LinuxとMacOSについてはベータ版となっていて引き続き無料で使用する事が可能です。

上記はUbuntu(Linux)のDraftSight2019 SP0でのメニュー一覧です。先に別ブログで扱いましたが、後々にこのブログの記事にも追加する予定です。

メニュー別 記事一覧

※各メニューをクリックすると開きます。

別ブログについて

別ブログではコマンドではなく、DraftSightのインストールからモデルタブやシートタブ、印刷などの「方法」をテーマとして記事を書いています。こちらもあれこれとDraftSightで試しながら書いています。合わせて見て頂ければ幸いです。

2019年4月、QCADを使い始めてみました。LibreCADについても合わせて少し扱っています。

注記

各記事はWindows 64bit版のDraftSightで確認して書いていますが、記事公開時のDraftSightのバージョンによって、あるいは他のOS向けDraftSightでは仕様が異なる部分があるかもしれません。また確認不足による間違いや勘違いなどがあるかもしれません。その場合は御容赦願います。

ツール エンティティグループ エンティティグループは線分や円などの作図エンティティを、グループとして1つにまとめる事が出来る機能です。同じ様な機能に「ブロック」がありますが、ブロッ ...

スポンサーリンク

ツール 標準 ツールメニューから「標準」を選択すると、さらに「図面の標準」と「標準を検証」の2つの項目があります。 図面の標準(コマンド:DrawingStandards) 図面の ...

ツール ユーザー座標系(CCS)マネージャー(コマンド:CSStyle) ツールメニューから「ユーザー座標系(CCS)マネージャー」を選択すると、オプションの作図設定で「座標系」の ...

ツール スクリプト実行(コマンド:LoadScript) スクリプトとはマクロとも呼ばれるもので、通常はあるコマンドを実行して数値入力やオプションの選択をして作図等を行いますが、こ ...

スポンサーリンク